2016年12月21日(水)21:16頃より、Studio Z株式会社(以下、Studio Z社)が運営するゲームアプリ「エレメンタルストーリー」のLINE公式アカウント(以下、当該アカウント)上において、LINE株式会社(以下、LINE社)が提供する動画配信機能をLINE社担当者(以下、当該担当者)が誤操作し、当該アカウントと無関係の動画が約3分間配信される事象が発生いたしました。

本事案の発生については、LINE社の管理体制の不備により発生したものであり、Studio Z社および関係者の皆さまには、一切の責任はございません。また、一部のユーザー様からご質問をいただいております当該アカウントを友だち登録しているユーザーの個人情報の流出やウイルスへの感染、エレメンタルストーリーおよびLINEのサービス利用に不具合が発生することはございません。なお、LINE公式アカウントの管理者が、該当のLINE公式アカウントを友だち登録しているユーザーを特定することや、登録されている個人情報を閲覧することはできませんので、ご安心ください。

ユーザーの皆様、エレメンタルストーリー関係者の皆様には、多大なご迷惑・ご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

本件の詳細、および今後の再発防止策について、以下にご報告させていただきます。

【発生詳細】
対象アカウント:「エレメンタルストーリー」LINE公式アカウント
発生時刻:2016年12月21日(水) 21:16~21:19(約3分間)
視聴ユーザー数:31,859
原因:
2016年12月21日21:16頃、当該アカウントの管理権限を持つ当該担当者が個人として保有するLINEアカウントおよびスマートフォン端末を使用し「LINE LIVE」アプリ上で動画配信を実施。その際、当該アカウントの管理権限を持っていたため、当該アカウントのLIVE動画配信チャンネルが選択されていたが、当該担当者個人のLINEアカウント名義の配信チャンネルを使用していると誤認し、動画配信を行ったことによるものです。なお、当該担当者は、当該アカウント含む複数のLINE公式アカウントにおいて、試験的導入していたメッセージ配信形式の結果を確認するため、LINE社担当者が自身のLINEアカウントに対して、LINE公式アカウントの管理権限を付与しておりました。


【今後の再発防止策】
  • 本日12月22日中に、LINE公式アカウントにおける、LINE LIVEアプリを利用した動画配信の機能を基本的にオフに設定変更し、個別に設定しなければLINE LIVEアプリからの動画配信を不可能にする。(別途配信設備を接続し、設定をした上での動画配信は可能)
  • 2017年1月末を目処に、LINE LIVEアプリにおいて、動画配信前に使用するチャンネルを明示するよう、動画配信フローにおけるUI(ユーザーインタフェイス)および仕様の変更を実施。


「エレメンタルストーリー」およびLINEユーザーの皆さま、Studio Z社を中心とした関係者の皆さまには、弊社管理体制の不備により多大なご迷惑・ご心配をおかけ致しましたこと、改めて深くお詫び申し上げます。
LINE社では、本事案の再発防止を含め、今一度管理・運営の体制等を見直し、皆さまにご安心してご利用いただけるサービスを目指して参ります。