8/31から、より安全にユーザーの通信を守る暗号化通信様式「Letter Sealing」(レターシーリング)の対応を拡大し、オンであることを示す“鍵マーク”がトーク画面や通話画面に表示されます。 なお、この表示は数日間かけて順次適用をしていきます。

 Letter Sealing Letter Sealing Letter Sealing


「Letter Sealing」とは、発信者の端末からLINEのサーバーを経由した受信者の端末まで、ユーザー間の通信内容を暗号化し、送信者と受信者以外にはメッセージ内容を解読できないように設計された暗号化通信方式(End-to-end encryption, E2EE)です。

これまでも、これからも、セキュリティの強化は続きます

LINEの通信内容は、当初から通信の秘密を守る法律に則り、ユーザーの端末とサーバー間で暗号化されており、厳格に保護されてきました。さらに、これまでのサービス開発の過程で常に最先端の技術・手法を取り入れおり、2015年11月8日に1対1のトークを対象にしてLetter Sealingを導入しました。

その後、音声通話にも対応範囲を拡大し、2016年8月31日から50人以下のグループトーク/複数人トークにも一次対応をし、さらに、「Letter Sealing」が適用されているかどうかがひと目で分かるように、LINEアプリver6.5以上において該当のトークルーム名に鍵のマークが表示されます。

▼Letter Sealing設定方法

すでに初期設定で全ユーザーがオンになっています。
メッセージ保護のためLetter Sealingの設定を常時オンにすることをお奨めしますが、設定を変更したい場合は以下の手順を参照してください。※スマートフォン版LINEで操作してください

設定手順
1)LINEの[その他]([…]アイコン)>[設定]>[トーク⋅通話]をタップ
2)[Letter Sealing]をタップ
Letter Sealing設定方法 Letter Sealing設定方法
(画面はiPhoneです)


▼注意事項

「Letter Sealing」が適用されたトーク内容が未読状態のまま機種変更を行った場合や、既読状態の場合でも、PC等のサブデバイスからのみ閲覧を行ったトーク内容については、暗号鍵が変更されるため、機種変更後の端末で該当のトーク内容を閲覧できなくなる場合があります。

そのため、未読メッセージを予め機種変更前のスマートフォン端末で閲覧していだくことを推奨いたします。
 
また、機種変更の際にLINEを長時間利用できなくなる場合(PC等のサブデバイスを利用していない場合)、機種変更の最中に送られてきたメッセージの閲覧が不可能になります。

その場合、機種変更時に一時的に「Letter Sealing」をオフに設定することで、機種変更の最中に送られてきたメッセージを機種変更後の端末で受信することが可能です。




LINEでは、これからもユーザーの皆様が安心してご利用いただけるようセキュリティの向上を重ねて参ります。