スマートフォンやLINEは、パスワードが正しく設定・管理されていれば、他人から見られたり、アカウントが乗っ取られることはありません。

スマートフォンがあなたの「家」だとすると、パスワードは、家の「鍵(カギ)」のような存在です。
家の場所を知られないことはもちろん、鍵は他人の手に渡らないようにしましょう。

 
① スマートフォン自体にパスワードをかける
iPhoneやAndroidなど、すべてのスマートフォン端末はパスワードをかけることができます。
パスワードをかけると、画面そのものを開くことができません。
最も良いことは、スマートフォン自体を他人に手渡したり、紛失しないことですが、万が一他人に入手されたとしても、スマートフォン自体にパスワードがかかっていれば、中身を見ることすらできません。

[参考] iPhone端末のパスワードのかけ方(SoftBankモバイル ホームページ)



② アプリにパスワードをかける
多くのアプリには、アプリを開くためのパスワード設定機能がついています。もちろん、LINEにも「パスコードロック」という機能があり、パスワードを入力しないとLINEを開くことができないよう設定できます。

【設定方法】
(1) LINEの「その他(・・・)」⇒「設定」⇒「プライバシー管理」を開く
(2) 「パスコードロック」をオンにして、自分で決めた数字4桁を入力 
※この数字は、スマートフォン自体のパスワードと必ず違うものにしましょう
passcode_1

passcode_2

    

③ LINEアカウントにメールアドレス・パスワードを設定する
LINEで本人のアカウントかどうかを確認するためには、メールアドレスとパスワードの入力が必要です。 一般的なインターネットのサービスやSNSで、自分のアカウントにログインするためにメールアドレスとパスワードを入力するのと同じようなものです。

スマートフォンの機種変更をする時や、パソコン/タブレット版LINEなどを使う時に、入力が必須となります。

なお、パソコン/タブレット版LINEにログインするためには、スマートフォン版LINEに送られるランダムな認証番号の入力が必要となります。

万が一、メールアドレス・パスワード、認証番号などの情報を他人に知られると、他人にあなたのアカウントが使われて、あなたは自分のLINEを使えなくなります。とても大切な情報なので、厳重に管理してください。

【参考】


以上、パスワードの設定と管理をきちんと行えば、自分以外の人にスマートフォンやアプリの中身を見られることはありません。

日頃から正しいパスワードの設定・管理を行うようにしましょう。