WindowsとMacのPC版LINEにおいて発生していたシステム不具合について、修正が完了いたしましたのでご報告いたします。

なお、後述しております通り、今回の対応によってMac版LINE4.0~4.0.3でのログインを順次停止しておりますので、ご利用の際は最新版バージョンへの更新をお願いいたします。 

■不具合の内容
<発生条件>
以下の(1)~(5)の条件すべてを満たした状況下で発生:
(1) Windows/Mac版LINEがインストールされている1台のパソコンを複数人で共有利用していた場合で、
(2) パソコンにインストールされているLINE のバージョンがWindows版LINE4.0~4.1.0、Mac版LINE4.0~4.0.3の場合で、
(3)1人がそのパソコンでLINEに2回以上ログインをし、2回目以後で24時間以上ログインし続けた場合で、
(4)利用終了後にログアウトだけをして、LINE自体のウィンドウを終了せずに表示させたままだった場合で、
(5)次に2人目のユーザーが、はじめてそのパソコンでWindows/Mac版LINEにログインをした場合。

<発生内容>
上記条件で、2人目にログインしたユーザーのWindows/Mac版LINEに、1人目のユーザーのトークリスト(一覧)ページの一部*1が表示される場合があった。
*1 トークリストから個別のトークルームを開いてメッセージ自体を閲覧することは出来ませんでした。また、表示される可能性があったのは既読になっている1対1のトークルームのみでした。

■経緯
7月15日(水): 上記不具合を確認
7月16日(木): Windows/Mac版LINEの不具合修正が完了し、最新バージョンを公開(Windows版LINE4.1.1.423、Mac 版LINE 4.1.0)。Windows版LINEは強制アップデートを実施。
7月17日(金): Mac版LINEのバージョン4.0~4.0.3での利用を順次停止

■影響範囲
本不具合は2015年3月に公開したバージョン*2以降にて、「発生条件」すべてを満たした状況下でのみ発生することが確認されました。なお、該当のバージョン公開日から7月15日までの間に上記不具合が確認されたお問い合わせは2件でした。
*2 Windows版LINEは3月19日に公開したバージョン4.0、Mac版LINEは3月25日に公開したバージョン4.0

■対応内容
不具合の修正が完了しましたので、最新バージョンをご利用ください。
Windows版LINEは強制的にアップデートが実施される措置を実行しましたが、Mac版LINEでは強制アップデートができないためバージョン4.0~4.0.3のMac版LINEからのログインを順次停止し始めています。お手数ですが、最新バージョンへの更新をお願いいたします。


この度は、ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
LINE株式会社では、同様の不具合が発生しないよう、今後も更なる体制・取り組みの強化を行って参ります。