最近、LINEに関する嘘の情報がLINEのタイムラインやメール、Twitterなど様々な場所で発信されているという報告を受けています。

安易に嘘の情報に騙されて信じたり、その情報が事実かどうかを確認せず友だちに広めたりしないようご注意下さい。

LINEに関する公式情報は、LINE株式会社(http://linecorp.com/)が運営する以下の場所でご案内しています。
 
これら以外のサイトやTwitterアカウントなどは公式のものではなく、発信されている情報も公式情報ではありませんので情報源をご確認下さい。
 
■LINE株式会社が運営する公式ブログ、Facebook、Twitter
詳細はこちらのページをご覧ください。 

▼よくある嘘の傾向
最近よくある嘘の情報は主に以下の通りです。
・サービスの利用に料金がかかる
  例)「●月からLINEが有料になる」「タイムライン機能の利用ごとに●円料金がかかる」など
・LINEのサービスが終了する
  例)「●歳未満はLINEが利用できなくなる」「●月でLINEがサービス終了になる」など
・情報セキュリティが破られる
  例)「運営側がパトロールしてメッセージ内容を勝手に閲覧する」「LINEがハッキングされて個人情報が漏れる」など
・タイムラインに特定の内容を投稿すると特典が得られる (2013年5月13日追加)
  例)「この文章をコピー&ペーストして投稿すると有料スタンプがもらえる」など 
その他、LINEユーザーの皆さんを不安に思わせるためのイタズラとして様々な嘘を広める人がいます。


▼嘘かどうかを見分けるには?
嘘かどうかを見分けるためには、上記の通り、LINE株式会社が運営する公式な場所に掲載されている情報かどうかを確認してください。他人から見聞きした情報の中に、情報源(その情報を提供している場所)が記載されていない場合は、事実ではない可能性があることを疑ってください。


また、嘘の情報を流してユーザーの皆さんを混乱させるなど、悪質な場合には法的措置を検討する場合がありますので、そのような行為は行わないようお願いします。