LINEは本日より、Android端末向け無料セキュリティ対策アプリ「LINEアンチウイルス」の提供を開始しました。

「LINEアンチウイルス」のダウンロードはこちら:

ここ最近、スマートフォン利用者の増加に伴って、悪意を持ってスマートフォン内の情報にアクセスするような不正プログラムを含むアプリも増えてきました。特に、Android端末は、アプリを公開するための審査プロセスがiPhone(iOS)とは違い、簡単にGoogle play上にアプリを公開することができるため、不正プログラムを含むアプリでも公開されやすい状況にあります。

LINEでは、LINEのアプリ自体だけでなく、Androidスマートフォンユーザーの皆さんが安心・安全にアプリを利用することができるよう、セキュリティ強化サポートの一つとして「LINEアンチウイルス」を公開しました。

特徴は以下の通りです。


アプリがアクセスしている情報の確認
Android端末にインストールしているアプリが、どのような情報(連絡先情報・位置情報・通話履歴など)にアクセスしているかをスキャン(調査)して結果を確認することができます。確認した情報をもとに、信頼できるアプリであれば「安心アプリ」として引き続き利用し、危険なアプリであればその場ですぐに削除することもできます。
 
6e82be1d.png


5b00de93.pngクイックスキャンで手軽に状態確認
クイックスキャンでは数秒でアプリの調査(スキャン)が完了するので、新しいアプリをインストールした時など手軽に利用することができます。さらに詳しく調査をしたい場合は「フルスキャン」の実行も可能です。












d1154932.png常時監視&通知するリアルタイム監視機能
不正プログラムが実行された時やアプリの異常が発生した時、セキュリティ上危険の疑いが高い変化が発生した時など、リアルタイムで監視をしてウィジェットと通知バーで通知します。不正の早期発見と対処が可能になります。


その他、バックグラウンドで常に監視する機能を作動させるかどうかのオン/オフ設定、スキャン内容、「安心アプリ」の管理などを細かく設定することもできます。








LINEでは今後も、スマートフォンユーザーの皆さんが安心・安全に利用することができるようなサービス・機能を提供していきます。

プレスリリース