LINE公式アカウントに初の小説作品のアカウントができました。

マガジンハウスから10月25日に単行本で発売予定の新作小説を、LINEの公式アカウントをLINEで「友だち」に追加するだけでひと足先に無料で読むことができます。
 
一番最初から読みたい方は、第1話を配信予定の10月8日までにこの公式アカウントを「友だち」に追加してくださいね。

作品紹介
 
世界から猫が消えたなら
「世界から猫が消えたなら」

「この世界から何か1つを消すごとに、あなたの命を1日延ばしてあげましょう」余命わずかであることを宣告された主人公は、突然目の前にあらわれた自分と同じ姿をした陽気な悪魔と取引し、電話・映画・時計などを一つずつ消しながら余命を伸ばしていく。そんな中、愛猫と触れ合い、初恋の人と再会し、親友と出会い、亡き母のこと、そして長い間断絶状態にある父のことを想う。そして自分が死に、消えた後の世界を想像する。

著者:川村元気
1979年生まれ。映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』などを製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia 2010」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。




LINE連載小説の読み方

1. 小説アカウントを友だちに追加
・ [設定]の[公式アカウント]から「世界から猫が消えたなら」の公式アカウントをタップして友だちに[追加]
または
・ [設定]の[友だち追加]から[ID検索]でLINE ID「#sekaneko」を入力して、アカウントを検索して友だちに[追加]

2. ストーリーを読む
作品の公式アカウントを友だちに追加すると、最初の案内メッセージが配信され、その後は、数日おきに1話ずつストーリーが自動配信されます。
ストーリーは、通常のトーク内のテキストではなく、ストーリーごとに送られる画像内の「今すぐ確認」をタップすると開く専用画面で読むことができます。
38a34d74.jpg 

※公式アカウントを友だちに追加しないと、ストーリーを読むことができません。1話目が配信されて以降、途中で公式アカウントを友だちに追加しても、それ以前に配信されたストーリーをさかのぼって受信することはできないのでご注意下さい。
※専用ページでストーリーを閲覧するには、アプリを最新版にバージョンアップする必要があります。

  
なお、LINEの公式アカウントからでは第6話「土曜日 世界から僕が消えたなら」までお楽しみいただけます。この物語は土曜日で、ある結末を迎えるのですが、マガジンハウスから10月25日に発売される単行本では、さらなる感動が待つエンディング「日曜日 さようならこの世界」を収録しています。ぜひ単行本で、さらなる驚きと感動の結末をお楽しみください。

それでは、LINEが配信する初の連載小説の世界をお楽しみください。