10月26日、都内某所にてLINEオーディションの最終審査が行われました。

LINEユーザーであれば誰でも参加できる、ジャンル不問のスター発掘プロジェクト・LINEオーディション。

スマートフォンだけで参加が可能な1次審査
には、125,094組もの応募がありました。その後の動画通話審査や、ユーザー投票審査を経て勝ち残ったファイナリストは、この8組です。
LINE (1)

今回は、緊張感あふれる最終審査の様子をお届けします。
茂木淳一さんと高樹千佳子さんの司会進行のもと、幕を開けた最終審査。

同時中継を実施したLINE オーディション公式アカウントの視聴者数は632,054人。史上最多を記録しました。

ゲスト審査員には、音楽プロデューサーの松浦晃久さん、ヒューマンビートボクサー兼YouTuberのHIKAKINさん、お笑いタレント・ふかわりょうさんが登場。

多方面で活躍するゲスト審査員が、広い視点でスター候補者達を審査します。
LINE
最終審査は、それぞれ与えられた10分間を使って、自分をアピールする自由形式。

トップバッターは、大阪府出身の女優/モデル志望・石川優香さん。地元で撮影されたPR動画では、「家族に内緒で、スマホで写真を撮って応募した。落ちちゃったら、恥ずかしいから言わないでおこうと思っていた。」と話す姿が。

ほんの3ヶ月前までは普通の高校生だった石川さんが、60万人の観客の前でパフォーマンスする姿は観ている側に勇気を与えてくれました。
LINE (11)
エントリーナンバー2、実家がカラオケ店を経営しているという、福岡県出身のシンガー/女優/モデル志望・小柳友莉菜さんは演歌もJ-POPも歌いこなす実力派の小学6年生。

最年少のファイナリストながら、圧巻のステージで歌とダンスを披露してくれました。物怖じせずにパフォーマンスする姿に、とてつもない可能性を感じた方も多いのでは。
LINE (12)
エントリーナンバー3、静岡県出身の市川周さんはシンガー志望。PR動画には、「いじめられていた経験があって、自殺も考えていた。そんな時に周を救ってくれたのが、歌でした。」と話すお母様の姿が。「歌で成功して、家族に恩返しがしたい。そのための一歩として、LINEオーディションに応募した。」と言う市川さんの歌声には、その場にいた観客全員が息を飲みました。

ゲスト審査員の松浦晃久さんからは「素敵な歌声の持ち主で、筋がいい。ギターを弾き始めて数ヶ月とは思えない。」とコメントが。
LINE (13)
エントリーナンバー4、千葉県出身の女優/モデル志望・矢部友佳子さんは和服を着こなし三味線も弾く大和撫子。凛とした立ち姿は女優そのもの。

以前落選してしまったオーディションでの悔しさをバネに、今回参加してくれた矢部さん。夢に向かって諦めない姿勢が共感を呼びました。
LINE (15)
エントリーナンバー5、栃木県出身・シンガー・ソングライター志望のゆめのさんはオリジナル曲を2作披露。

ゲスト審査員の松浦晃久さんからは「歌詞に物語全体を詰め込んでしまいがちだが、1シーンの心境を膨らませて書いたほうが人に届きやすい。」とプロに宛てたかのような本格的なアドバイスが。期待度の高さが見られました。
LINE (16)
エントリーナンバー6、三重県出身のモデル志望・市野莉佳さん、莉子さんは双子の仲良し姉妹。双子ならではの、息があった歌とダンスを披露。

「もし片方がモデルになる夢を諦めたらどうする……?」という質問には、「1人になっても諦めたくない……でもやっぱり絶対に2人でなりたい!!」と“双子モデル”への強い意思をみせてくれました。
LINE (17)
エントリーナンバー7、5人組ダンス&ボーカルグループの“FlowBack”はすでに複数のステージでパフォーマンスをこなす経験者。昨年夏に参加したオーディションの落選組で結成されたという5人組のグループ名には“逆流”という意味が込められています。

作詞、作曲、構成・振り付け、ラップ、そしてお笑い担当(!?)というそれぞれの役割のもと、同じ夢を追いかけるチームワークの良さは圧巻でした。
LINE (14)
最後の登場となったのが、エントリーナンバー8、シンガー・ソングライター志望の岐阜出身・足立佳奈さん。PR動画では地域の方々、学校の仲間からの応援メッセージが紹介されました。「LINE オーディションへの参加を応援してくれたみんなに、感謝の気持ちを伝えたい。」と歌ったのはオリジナル曲の「ありがとう~仲間へ~」。

ゲスト審査員のふかわりょうさんからは「誰にも似ていない唯一無二の存在なので、LINEオーディション・グランプリという冠をつけてしまうことすら怖い。受かっても落ちても、楽しんで歌うことを続けて欲しい。」とコメントが。
LINE (2)
8組のパフォーマンスが終わり、グランプリ決定のためのユーザー投票も終了。

結果を待つ間には、加藤ミリヤさんのスペシャル・ライブが開催されました。

今年デビュー10周年を迎える加藤ミリヤさんは、ご本人のデビューのきっかけとなった思い出の曲・宇多田ヒカルさんの「Automatic」を披露。

「13歳の時に、この曲でオーディションを受けました。10年経った今、新しい物語が始まるこの会場で披露することができ、とても光栄です。」と話すミリヤさん。ミリヤさんとファイナリストの未来の姿が、重なって見える瞬間でした。

そして、サプライズゲストとしてJASMINEさんも登場。加藤ミリヤさんのデビュー10周年を記念したアルバム「MUSE」に収録されるお二人のコラボレーション曲「DRIVE feat. JASMINE」を初公開!
LINE (5)
お二人のパフォーマンスの後は、いよいよ結果発表。ユーザー投票を踏まえた審査員の評価にて、グランプリが決定されます。

緊張した面持ちで並ぶ、ファイナリスト達。発表の時を待ちます。
LINE (18)
静寂の後、司会の茂木さんから呼ばれた名前は“エントリーナンバー8、足立佳奈さん”。
LINE (8)
グランプリの足立さんには、賞金100万円と「LINE公式アカウント」開設権、そしてソニーミュージックからデビューに向けたサポートが約束されました。

授与式には、ブラウンとコニーも登場して、スター誕生を一緒にお祝い。
LINE (7)
「私のことをたくさん温かい言葉で応援してくださった皆さん、ありがとうございました。」と謙虚な足立さん。

100万円の使い道を聞かれると、「応援してくれた皆さんと一緒に、食べ放題に行きます!」と早速笑いをとっていました。
LINE (6)
グランプリを受賞した足立さんから、コメントを頂きました。
まさか私がLINEオーディションでグランプリを取れるとは思わず、夢の中にいるようです。これまで、応援してくださった地域の方々や友だち、そしてずっと支えてくれた家族に心から「ありがとう」を伝えたいです。今後は、私の大好きな歌を活かしシンガー・ソングライターやミュージカルの役者などを目指して精一杯頑張ります。今後も応援よろしくお願いします!

今後の活動情報は、足立さんのLINE 公式アカウントから配信予定。LINE発スターの今後に注目です。
友だち追加ボタン
LINE (9)
残念ながらグランプリを逃してしまったファイナリスト達には、60万人を越える観客の前でパフォーマンスしたこと経験を糧に、夢を追い続けて欲しいとスタッフ一同応援しています。

ゲスト審査員・HIKAKINさんの「僕自身も、悔しさをバネにしてもっと頑張ろうと思うこと多い。悔しい気持ちを今後の力に変えて欲しい。」というコメントはみなさんの胸にどう響いたでしょうか。

LINE オーディションに応募してくださった12万組の候補者のみなさん、ユーザー投票に協力してくださったみなさん、そして60万人の観客のみなさん、LINE オーディションへのご参加ありがとうございました。

LINEでは今後も「LINE オーディション」の仕組みを通じて、未来のスターを発掘・支援していきます。次のスターはあなたかも!?

▼LINE公式アカウントを「友だち」に追加する方法
・ [その他]>[公式アカウント]>「新しい公式アカウント」または各カテゴリ内に表示されているアカウントをタップして追加
・ [その他]>[友だち追加]>[ID検索]でLINE IDを入力・検索して追加
・ [その他]>[友だち追加]>[QRコード]で各アカウントのQRコードを読み取って追加
・スマートフォンからブログ内の「友だち追加」ボタンをタップして追加