※iPhone版LINEの最新バージョン(4.3.0)を公開しました。〔2014年5月2日〕

本日、Android版LINEの最新版(バージョン4.3.0)を公開し、スタンプやグループトークなど複数の機能に対して、新機能を追加しました。
※iPhone版LINEでも同じ機能を搭載したバージョンを公開予定です。今しばらくお待ちください。
 

スタンプ

送信前に確認できる「スタンププレビュー」機能
トークでスタンプを送信する前に大きく表示させて、確認をしてから送信できる「スタンププレビュー」機能を搭載しました。スタンプの送り間違いの予防や、スタンプの細かな文字や表情をじっくり見たいときにオススメです。

▼使い方
1) 送信したいスタンプをタップすると、大きく表示されます。
2) スタンプを再度タップ、または、「送信」ボタンをタップすると送信されます。

なお、この機能は、[その他]>[設定]>[スタンプ]から、使用するか・しないかを設定できます。
今まで通り、すぐに送りたい人は「オフ」に。毎回プレビューをしたい人は「オン」にしてご利用ください。
LINE 4.3.0LINE 4.3.0
※こちらはAndroid版の画面です

同じスタンプを手軽に送る機能
トーク上に送受信されているスタンプのどれかをタップすると、既にダウンロードしている場合は、そのスタンプを含む一覧が表示されます。自分が一度送ったスタンプをもう一度探すのが面倒なときや、相手と同じスタンプをすぐ送り返したいときなどに便利です。
LINE 4.3.0


友だち追加

「知り合いかも」に追加された理由を表示
相手が自分を友だちに追加すると「知り合いかも」の一覧に表示されます。
今回から新たに、どんな理由で相手が「知り合いかも」に登場したのかが表示されるようになりました。
LINE4.3.0
例えば、以下のような表示パターンがあります。
「電話番号で友だち追加されました」
…相手が自分の電話番号をアドレス帳に登録していて、その上で、LINEでアドレス帳の連携を行った場合。
「LINE IDで友だち追加されました」
…相手がID検索で自分のLINE IDを検索して友だちに追加した場合。

公式アカウントに限り18歳未満の方もID検索可能
現在、18歳未満の方はID検索機能が利用できませんが、店舗などの公式アカウント(LINE@アカウントも含む)に限り、18歳未満の方でもID検索を利用できるようにしました。
※ID検索の画面は表示されますが、一般のアカウントはこれまで通り検索できません。
LINE4.3.0


その他

グループの最大招待人数を200人に増加
これまでグループトークに招待できる人数は100人でしたが、「100人では足りない!」というご要望を受けて、200人にまで増加しました。

100人以上のメンバーがいるサークルや部活、同級生全員のグループ等でお使いください。
※グループを作成せずに、複数人でトークをしている場合はこれまで通り上限は100人です。

LINE連携アプリからの招待メッセージなどを一括受信オフ
LINEゲームなど、LINEのアカウントと連携しているアプリを自分がまだダウンロードしていない場合でも、友だちからの招待メッセージなどを全部まとめて受信しない設定ができるようになりました。

▼設定方法
[その他]>[設定]>[通知設定]>[サービス別設定]>「連動していないアプリ」の「メッセージ受信」のチェックを外す
LINE4.3.0
ダウンロードしていないLINEゲームの「招待」メッセージがたくさん届いてしまい困っている方などは、ぜひご活用ください。

「LINE電話」の本人確認プロセス強化
LINEから、LINE以外の一般電話にもかけられるサービス「LINE電話」について、電話番号の持ち主本人が使おうとしているのかを確認するためのプロセスを追加しました。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

LINEでは、これからも皆さんにとってより便利で・より安心なサービスをご提供できるよう、ご要望に耳を傾けながらサービスのアップデートを重ねていきます。