3月28日に本ブログに掲載致しました「LINE電話」の仕組みに関するご説明に対して様々なご意見・ご指摘をいただき、ありがとうございました。

潜在的に発生し得るケースとして皆様からご意見頂いた「非LINEユーザーの電話番号を本人に気づかれずに不正に利用し、LINEのSMS認証を行なう場合」や「解約済の電話番号が、LINE電話で継続利用できてしまう場合」などへの防止策を、段階的に実施していくことを決定いたしました。

まず、第一弾として、4月中を目処に現行バージョンのアップデートを行い、下記の端末・電話番号確認プロセスを追加適用いたします。

  • 端末のSIM情報の確認
  • ネットワーク接続状況の確認
  • 不正使用検知アルゴリズムによる確認 

上記の確認要件のうち、いずれかもしくは複数が確認されない場合、電話番号を利用した再認証を行います。再認証が完了しない場合、当該アカウントからの「LINE電話」での発信は全て非通知となります。

なお、今後提供を予定している上記を適用した新バージョンを公開以降、現行バージョンで「LINE電話」を利用する場合には、全ての番号が非通知となります。ご利用の皆様には、最新バージョンへのアップデートへのご協力をお願い致します。また、再度の電話番号認証をしていただく場合がございますので、ご了承ください。

LINEでは、今後も引き続きサービスのご利用状況や皆様からのご意見を注視していきながら、より安全・快適にご利用いただけるサービスを提供できるよう努めてまいります。